冬に備える身体づくり
2017/11/17 13:50
こんにちは!
新居店管理栄養士の倉田です。

本日は基礎代謝量についてです。
免疫力を高めるためには基礎代謝量を高めることも大切です。

基礎代謝量とは体温調節などの生命維持で消費されるカロリーのことです。
何もしなくても消費されるカロリーということです。

基礎代謝量は一般的に年齢と共に低下します。
基礎代謝量を高めるためには、体温を上げること。

体温を上げるためには日頃から身体を冷やさないことが大切です。
お風呂をシャワーだけで済ませずしっかり入浴したり、冷たい食べ物や飲み物を避けたり、小さなことでも毎日の積み重ねが大切です。

また、基礎代謝量の中でエネルギー消費が一番多いのは筋肉です。
筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量を高めることが出来ます。
そのためには運動が大切です。

明日はこの運動についてお話させて頂きます。

冬に備える身体づくり
2017/11/16 13:50
こんにちは!
新居店管理栄養士の倉田です。

昨日はバランスのよい食事についてお話させて頂きました。
今日は旬の食材を紹介させて頂きます。
旬の食材は栄養価が高く、感染症に負けない身体づくりにぴったりです!

ひとつめは《秋鮭》
昨日お話した主菜になる食品です。

ビタミンB12やビタミンB6が豊富です。
ビタミンB12は葉酸とともに血液の赤血球やヘモグロビンの合成に関わっています。
ビタミンDは体内のカルシウムを調節する働きがあります。
骨粗鬆症の予防にも最適です。

塩焼き、ムニエル、グラタンなど様々な料理に合います!

ふたつめは《きのこ類》
昨日お話しした副菜になる食品です。

きのこ類は低カロリーで食物繊維がたっぷり含まれています。
食物繊維は便秘の改善効果が期待できます。
ダイエットにもオススメです。
先ほど紹介した鮭とも相性ぴったりですね。

明日は基礎代謝量についてお話させて頂きます。

冬に備える身体づくり
2017/11/15 13:50
こんにちは!
新居店管理栄養士の倉田です。

感染症を防ぐために、食事で大切な事はバランスのよい食事です。
バランスのよい食事とは主食・主菜・副菜が揃った食事をいいます。

【主食】とはごはん、パンなどの糖質を多く含む食品です。
1日に摂るエネルギーのうち55〜60%は糖質から摂りましょう。

【主菜】とはお肉、お魚、卵などのたんぱく質を多く含む食品です。
1日摂るエネルギーのうち15〜20%はたんぱく質から摂りましょう。

【副菜】とは野菜やきのこ類がメインとなる料理です。
野菜やきのこ類にはビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれています。
1日350gを目指しましょう。

更に【乳製品】や【果物】を1日1回程度取り入れましょう。

また、朝食欠食や夕食の量が多くならないように、朝・昼・晩、3食の偏りがないようにしっかり摂りましょう!

明日は、旬の食材を紹介させて頂きます。

冬に備える身体づくり
2017/11/14 13:50
こんにちは!
新居店管理栄養士の倉田です。

冬になるとインフルエンザやノロウイルスなどの感染症は、11月頃から増加し始め、12〜1月がピークとなります。
本日はまずこれらの感染症についてお話しいたします。

まずは、【インフルエンザ】についてです。
インフルエンザは感染力が強く、集団生活の学校などで特に流行しやすいです。
主な症状は、高熱や関節痛です。
風邪と違い急に高熱がでたり、熱とともに手足や全身の関節や筋肉の痛みが出ます。

次に【ノロウイルス】についてです。
ノロウイルスも感染力が非常に強く、食中毒の原因物質として事件数・患者数ともに第一位となっています。
主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などです。
健康な方は軽症で回復しますが、免疫力の低い子供やお年寄りは重症化しやすいので特に注意が必要です。

明日は感染症を防ぐ為のバランスのよい食事についてです。

冬に備える身体づくり
2017/11/13 13:50
こんにちは!
新居店管理栄養士の倉田です。

だんだんと寒くなってまいりましたが、体調は崩されていませんか?
最近は季節の変わり目が短くなり、急に暑くなったり寒くなったりしますよね。

11月に入り冬ももうすぐですね!
毎年冬になると風邪などをひかれる方も多くいるのではないでしょうか?

また、冬はインフルエンザやノロウイルスのどの感染症も流行になります。
冬本番の前に、一緒に冬に備えて風邪やインフルエンザに負けない身体づくりをしましょう!

そこで今週は「冬に備える身体づくり」をテーマにお話させて頂きます。

食事や運動などの生活習慣を整えることで免疫力が高まり、これらの感染症を防ぐ事が出来ますので、
今年の冬は元気に過ごせるように生活習慣を見直しましょう。

明日は感染症についてお話させて頂きます。

[↓次へ↓]
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd