《熱中症対策》
2018/06/20 13:49
こんにちは。
和合店の竹本です。

今日は水分補給に選ぶといいものについてお話したいと思います。

皆さん、水分補給は何でしていますか?

【水、お茶】
一番手軽なため、日常の補給で適しています。
特に麦茶はミネラルも含みますし、ノンカフェインなので小さなお子様でも安心して飲めます。
また、麦茶にはピラジンという成分が血液をサラサラにしたり体を冷やす作用があるため、夏バテ防止によいと言われています。


【スポーツドリンク】
たくさん汗をかくとき、運動をするときに適しています。
スポーツドリンクには塩分と糖分が含まれていますので一緒に摂ることで腸管での水分吸収を促進してくれます。
逆に、軽い運動のときにスポーツドリンクをたくさん飲むと塩分過多、糖分過多になってしまうので注意をしましょう。


ところで、皆さんはスポーツドリンクには2つのタイプがあることをご存知でしょうか?

明日はスポーツドリンクのお話をしていきたいと思います。

《熱中症対策》
2018/06/19 13:50
こんにちは。
和合店の竹本です。

今日は熱中症対策の水分補給についてお話したいと思います。

皆さんはいつもどのタイミングで水分補給をしているでしょうか?

一般的には、
(1)寝起き、(2)毎食事の時、(3)入浴前、(4)入浴後、(5)就寝前、のタイミングでコップ1〜2杯程度を目安にと言われています。

水分補給をするときの注意点ですが、喉が乾く前に飲むということです。
喉が乾くというのは既に体が軽い脱水症状を起こしているサインなので、その前に水分補給を心がけたいですね。

運動をする方には、運動前にも必ず水分補給をしましょう。
体の中に水分が吸収されるまで1時間ほどかかるので運動前の補給はとても大切です。


また、暑い日には冷たいものが欲しくなると思いますが、冷たすぎると胃腸に負担がかかり、食欲不振や夏バテも起こしかねません。

飲み物は冷たすぎない少し冷えたものを選ぶといいですね。

明日は水分補給に選ぶといいものについてお話したいと思います。

《熱中症対策》
2018/06/18 13:50
こんにちは。
和合店の竹本です。


最近だんだんと気温が上がり、夏に近づいてきましたね。
今年の夏は猛暑の可能性が高いと言われているなかで、怖いのが熱中症!

今週は「熱中症対策」をテーマにお話させていただきたいと思います。



熱中症とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、4つに分類されます。


(1)熱失神
皮膚の血管が拡張することによって血圧が下がり、脳への血流が悪くなることで起こる

(2)熱けいれん
大量に汗をかき、水分だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に筋肉に痛みを伴ったけいれん

(3)熱疲労
大量に汗をかき、水分補給が間に合わず、体が脱水症状になること

(4)熱射病
体温上昇のため中枢機能に異常をきたした状態



皆さんご存知でしたか?

明日は熱中症対策の一番のポイントである水分補給についてお話していきます。

《食中毒について》
2018/06/16 13:50
こんにちは。
引佐店の渡邊です。

今日はサルモネラ食中毒についてお話します。

サルモネラ食中毒は、汚染された鶏卵や食肉の加熱不十分や、ミドリガメやネコ、イヌなどのペットの糞便からの直接感染で引き起こされる食中毒です。
特に、鶏卵を原因とするものが圧倒的に多くなっています。

[主な症状]
発熱、腹痛、下痢、嘔吐

[予防策]
卵の表面がザラザラした新鮮でひび割れていない卵を買う。
賞味期限が切れた卵は生で食べない。
70℃以上3分以上の加熱をする。
殻を割った卵は常温で放置しない。


一週間、食中毒についてお伝えしてきました。
ニュースでもたびたび話題になる食中毒、原因や正しい予防法を知って、感染に注意していきましょう!

読んでいただきありがとうございました!

《食中毒について》
2018/06/15 13:50
こんにちは。
引佐店の渡邊です。

今日はノロウイルスについてお話します。

ノロウイルスは、小腸の繊毛上皮細胞に感染することで消化、吸収面積の減少と機能低下を引き起こすウイルスです。
カキやハマグリなどの二枚貝の中腸腺に濃縮させるため、これらの生食や、汚染された調理器具から感染します。
11月〜3月の冬期に多く、学校や飲食店で集団発生することも多いです。

[主な症状]
悪心、嘔吐、下痢、発熱

[予防策]
食品は中心温度85〜90℃で90秒以上加熱する。
生カキは生食用、加熱用の区別をしっかりする。
調理前、食事前、トイレの後には手洗いをしっかり行う。
エタノールでは完全に死なないため、消毒には次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用する。


明日はサルモネラ食中毒について詳しく説明していきたいと思います。

[↓次へ↓]
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd