《夏の旬野菜でキレイになろう!》
2018/05/24 13:50
こんにちは。
志都呂店の山本です。

本日は「かぼちゃ」についてお話していきます。

かぼちゃにはビタミンCが豊富に含まれています。
かぼちゃに含まれているビタミンCは熱に強く、加熱しても壊れにくいのが特徴です。
細胞の老化を防止する抗酸化作用に加え、免疫力を高めてくれます。

また、かぼちゃにはビタミンAも豊富に含まれています。
皮と種には黄色い果肉の部分以上のビタミンAがたっぷり含まれています。
皮は捨てずに活かしましょう。
付いている種は生のままだと消化に悪いため、加工済みのかぼちゃの種を買うのがおすすめです。

βカロテンやビタミンEも豊富に含まれています。
これらは脂溶性ビタミンと呼ばれるため、油炒めなどして油分と一緒に摂取することで栄養素をしっかりと吸収できます。
かぼちゃはビタミンAやビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄分などをバランスよく含んだ野菜です。

食物繊維も豊富なので、便秘解消のお手伝いをしてくれるかもしれません。
積極的に食べるように心掛けてみてください。

次回は「なす」についてお話していきます。

《夏の旬野菜でキレイになろう!》
2018/05/23 13:50
こんにちは。
志都呂店の山本です。

本日は「きゅうり」についてお話していきます。

きゅうりの96%は水分です。
夏場、汗をかいて不足しがちな水分が豊富に含まれています。
きゅうりには熱を取って、ほてりを抑える効果の他、ビタミンCによりコラーゲンを形成し、肌を引き締める効果があるといわれています。
また、その水分量の多さから、肌の保湿効果も発揮してくれます。

しかし、きゅうりにはビタミンCを壊してしまうアスコルビナーゼという酵素が含まれています。
酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物にして食べると効率よくビタミンCを摂取できます。
ビタミンCは美容にはもちろん、免疫力を高める効果もあるため、風邪の予防にもなります。
夏バテや夏風邪などの対策にも良いかもしれませんね。

さらに低カロリーなのでダイエット中の方にもおすすめです!

次回は「かぼちゃ」についてお話していきます。

《夏の旬野菜でキレイになろう!》
2018/05/22 13:50
こんにちは。
志都呂店の山本です。

本日からは夏野菜のご紹介をしていきます。
まずは「トマト」です。

トマトには、細胞の酸化、老化を防止してくれる抗酸化作用があります。
これはトマトの赤い色に含まれるリコピンという成分にあります。

また、ビタミンA、ビタミンCも多く含まれています。
これらはビタミンEと一緒に摂取することで、より強力な抗酸化作用が期待できるので、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。

また、余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化を予防してくれるカリウムも豊富に含まれています。

毎日トマトを食べ続けるのは難しいかもしれませんが、トマトジュースに置き換えていみるのも良いかもしれませんね。
お酒の飲みすぎによる胃のムカムカを抑えてくれる効果もありますので、これからバーベキューなどの季節にはピッタリですね!

次回は「きゅうり」についてお話していきます。

《夏の旬野菜でキレイになろう!》
2018/05/21 13:50
こんにちは。
志都呂店の山本です。

今週は夏野菜でキレイになろう!をテーマにお話させていただきます。

夏の野菜は全般的に、原色で濃い色をした野菜が多く、暑い夏を乗り切るために必要な栄養素がたっぷりとつまっています。
夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。
また、生で食べられるものも多いので、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の魅力です。

夏野菜には、強い日差しに負けない肌づくりに必要な成分が豊富に含まれています。
夏の紫外線や暑さから逃げられない植物だからこそ、夏に対処する自然の力を身に付けているのです。

夏野菜をたくさん食べて身体の中からキレイになりませんか?

次回からは夏野菜のご紹介と、その特徴をお伝えしていこうと思います。

《五月病》
2018/05/19 13:50
こんにちは。
新居店の宮田です。

今日は今までお話した内容をまとめてみたいと思います。

五月病対策にはセロトニンが重要です。

セロトニンの分泌を増加させるにはポイントがあります。
(1)セロトニンに必要な栄養素を知る
(2)朝食をしっかり摂る
(3)良く噛んで食べる
(4)楽しい食事環境を作る
これら4つのポイントを行うことで、セロトニンの分泌が増加しやすくなります。

食習慣はなかなか変えられないものです。
少しずつ気にかけ、少しずつ変えていけるようにし、五月病を対策していきましょう。

1週間読んでいただきありがとうございました。

[↓次へ↓]
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd