【意外と簡単!!プチトレレッスン♪】

今回のテーマ

第48回
【汗の量と運動量】

徐々に寒さも厳しくなり、なかなか運動ができないという方も多いのではないでしょうか!

そんな中、普段から運動をしているお客様にこんな質問を頂きました。


冬って、全然運動しても汗をかかないけどホントにダイエット効果ってあるの?


汗の量≠運動の消費量
この2つはイコールではない!

たしかに、夏って少しの運動でも汗ををいっぱいかくので達成感がありますよね。

…しかし!
汗の量と運動の消費量ってイコールではないんです!

汗というのは、その時の気温・湿度・衣服・体内の水分量・体型・自律神経の働きなどの要因によって左右されます!

ですので、同じ運動量でも、汗をいっぱいかく時、かかない時とあるのです。

同じ発汗量でも…

■高温多湿(夏場など)の環境下の場合
汗もなかなか蒸発しないのでべたべたと身体に残り、たくさん汗をかいた感じになります。

■乾燥しているとき(冬など)
汗も蒸発しやすいので、身体にほとんど残らず、あまり汗をかいたという実感ないのです。

冬の運動はエネルギー消費できている?

冬場の運動は汗をかきにくいのですが、夏場と同じ様にしっかりエネルギーを消費できていますので、安心してください。


しかし、あまり汗をかいた感覚がないので水分補給を怠りがちですが、夏と同じように着実に水分・ミネラル分は失われています。

ですので、しっかりこまめに水分・ミネラル補給を心がけましょう。

また、実は冬の方が、体温を一定に保とうとエネルギーを多く使いますので、基礎代謝としてはあがっています。

冬は痩せやすい時期になりますので、この時期にしっかり運動を行い、正月・冬太りなどしないように心がけましょう。


戻る
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd