【意外と簡単!!プチトレレッスン♪】

今回のテーマ

第49回
【冬のこむら返り予防・対策】

皆さんこんにちは。
段々と寒さが厳しくなる季節になってきました。
寒くなるにつれて、皆様このような経験はございませんか?

寝ているときに足がつる…。このような症状がでていませんか?

このような症状を「こむら返り」と言います。
こむら返りはふくらはぎ部分の筋肉がけいれんを起こす症状です。
原因としては、血行不良・疲れなどが主になります。
さらに血行不良が起こる原因を追求すると、体の冷え・水分不足(ミネラル不足)が考えられます。

こむら返りは予防できる!?

体の冷え・水分不足を改善すると、「こむら返り」はある程度の予防ができます。

■体の冷え予防
→寝る際に厚着する。足首・ふくらはぎを冷やさない。

■水分不足解消
→寝る前にコップ一杯の水分補給をする。(温かいお茶・常温の経口補水液がお勧めです)

■寝る前にふくらはぎのストレッチをする事もお勧めします

ふくらはぎストレッチをすることで血行が良くなり、足の筋肉の疲れが軽減されます。

栄養素としては、カルシウム・カリウム・マグネシウム・ビタミンB1の不足が考えられます。

こむら返りの対処方法ですが、ふくらはぎの筋肉を伸ばしてあげることが重要になります。
伸ばしてあげることで、けいれんを抑えられます。

★方法★

【1】膝を伸ばして、足のつま先をゆっくり顔のほうへ曲げます。
(ふくらはぎの筋肉を伸ばします。)

【2】曲がらない場合は、手でつま先を曲げるようにしてください。
(手が届かない場合は、タオル足に引っ掛けゆっくりとのばしてください)
あくまでも、ゆっくり曲げることが大切です。
力任せに行ってしまうと、怪我の元になります。


以上が「こむら返り」の予防・対策方法でした。
寝ている際に「こむら返り」が起きた際には、是非試してください。


戻る
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd