【意外と簡単!!プチトレレッスン♪】

今回のテーマ

第51回
【新生活から始める食事習慣】

みなさんこんにちは!
段々暖かくなり過ごしやすい季節になってきましたね。

今回は4月ということで転勤、就職、新生活などでドキドキ、わくわくしている時期ではないのでしょうか?

この春から環境が大きく変わった方は特に体調管理も大切です。
そのためには毎日の食事をきちんととり、よく睡眠をとることです。
朝食をとることは良いこと!?

一日の始まりである朝食。
ゆっくり朝食の時間がもてる方、慌ただしい朝を過ごしている方、学校や会社近くのカフェでモーニングを食べている方など様々でしょう。
朝食をとることで、正しい生活リズムを作ったり、排便習慣がついたりと良いことばかりです。
急にはできないかもしれませんが徐々に癖をつけていけるといいですね。

その為には…?

まずはご飯を炊こう!

毎日朝に炊くのは大変なので一度に多く炊き冷凍保存しておきましょう。

次に朝食には限りませんが、食事は主食・主菜・副菜と揃えると比較的バランスよく食べることができます。
主食:ごはん・パン・うどんなど炭水化物が多いもの
主菜:肉・魚・卵・魚介類などたんぱく質が多いもの
副菜:野菜・海草・こんにゃくなどビタミン・ミネラルが多いもの


●主食がごはんの場合、主菜に卵や納豆を加えると、たんぱく質が補えます。
また副菜のビタミンやミネラル、食物繊維が少ない場合、サラダなどの野菜料理があればよいですが、代わりにこれらを豊富に含む玄米や雑穀、ごはんを炊く時に一緒に入れるだけで鉄やカルシウム・ビタミンなどが補給できる商品の利用や、みそ汁には乾燥わかめやとろろ昆布を入れたり、インスタントなら野菜が多く入った味噌汁を選びましょう。

●主食がパンの場合、主菜(たんぱく質)には卵料理(ゆで卵や炒り卵)を用意したり、パンの上にハムやレタス、スライスチーズなどのせてみましょう。
副菜は、野菜ジュースやサラダ、青汁粉末とヨーグルトを混ぜても簡単に栄養をとることができます。

●主食がシリアルの場合、朝食向けに栄養バランスを考えて作られているので、フルーツをプラスする程度でOKです。
また、牛乳のかわりにヨーグルトでもヘルシーに食べられます。
どうしても朝、時間がない場合にはコンビニで野菜入りサンドイッチやおにぎり、栄養バランスを考えられたシリアルバーなどの栄養調整食品、カロリーを補給できるゼリー、ヨーグルト、スープなど少しでも口にして、1日の活動源である朝食を習慣化しましょう。



戻る
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd