【意外と簡単!!プチトレレッスン♪】

今回のテーマ

第54回
【浅野先生直伝!便秘予防について】

先日、杏林堂薬局主催で、高塚町の「あさのクリニック」院長、浅野道雄先生をお招きし、「おなかとおしりを病気から守るヒケツ」と題しまして、健康セミナーを開催させていただきました。
そのセミナーでのお話の中で、特に悩みの多いであろう「便秘」について非常に参考になるお話がありましたので、ご紹介させていただきます。

皆様の知っている内容もあるかとは思いますが、今一度確認をしていただき、今の生活を振り返ってみましょう!

便秘解消法の基本は以下の3つ!

1.繊維を多くとる・・・
野菜・芋・きのこ・海藻・果物に多く含まれる食物繊維を積極的にとりましょう。
食物繊維は便のかさを増したり、腸内でゲル化して便の排出をしやすくしてくれる働きがあります。

2.水分を多めに摂る・・・
水分が不足してしまうと、便が硬くなり便秘の原因に。
1日1.5L〜2L程度の水分を摂るように心がけましょう。
しかし、コーヒーや緑茶などカフェインの入っているものは利尿作用がある為、せっかく摂った水分が大腸まで届かず尿として排出してしまうので、注意が必要です。

3.運動をする・・・
筋力低下は便秘の原因に。
便を押し出す腹筋を鍛える腹筋運動を行ないましょう。
また、ウォーキングなどの有酸素運動も血流をよくし、便意を起こしやすくする副交感神経が腸の動きを高め、腸の働きを活発にするのに非常に有効です。

言わずと知れた、便秘解消法のこの3つ、皆様しっかりできていますでしょうか!?
先生は、これを怠って「便秘で困っている」と言わないで!とおっしゃっていました。

また、便秘改善の為のおすすめメニューを2つ教えてくださいました。


おすすめメニュー

1.納豆+オリーブオイル
2.オールブラン+オリゴ糖+ヨーグルト

腸内環境を整えてくれる乳酸菌の入ったメニューです。
普段の食事にプラスさせましょう。

最後に、シャワートイレを活用し排便を促していると、肛門の洗いすぎにより油成分が減り、抵抗力がなくなり、ただれや、感染症をきたす方がいます。

また、だんだん麻痺していく可能性がありますので、過度の使用は控えるようにしましょう。

上記のことを心がけ、快便生活を手に入れましょう。


戻る
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd