「食欲の秋」冬に備えて栄養をつけよう!
2018/10/23 13:50
こんにちは、静岡大坪店の松下です。

今日は、体を温める根菜をご紹介します。

食物繊維が豊富なことで知られる根菜類ですが、
血行を促進するビタミンや代謝を助けるミネラルも含まれており、
煮物や汁物といった体を温める調理方法と相性がいいため、
冬の寒さから身を守るのに効果的な野菜といえます。

秋が旬の根菜の中でも本日は、人参とごぼうを紹介します。

【人参】には、βカロテンが含まれており、
体内に取り込まれると、ビタミンAに変換され、肌や粘膜、免疫機能を保つ働きがある為、
風邪予防や肌荒れ、眼精疲労の改善に効果的です。

【ごぼう】には、ポリフェノールが豊富に含まれており善玉菌を増やして便秘改善に効果的です。

ぜひ、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

「食欲の秋」冬に備えて栄養をつけよう!
2018/10/22 13:50
こんにちは、静岡大坪店の松下です。

暑い夏も終わり、だんだんと肌寒い季節がやってきました。

この時期は「食欲の秋」と言われるように、美味しい食材がたくさんあります。

中でも秋が旬の食材は、9-11月にかけて一番おいしい時期です。

店頭に並ぶほとんどの野菜は、ビニールハウスなどで作られ、時期に関係なく手に入りますが、
旬の野菜のほうが、栄養価が高く、味も濃いので、美味しさを増しています。

夏の暑さで弱った胃腸を回復し、体を温める効果があり、ビタミンや食物繊維など女性に嬉しい栄養素もたっぷり含まれています。

この一週間、秋が旬の食材をご紹介させていただきます。

旬の食材を食べて、夏に弱った胃腸の回復とともに、これから冬に備えて栄養を蓄えましょう!!

《骨の健康だけじゃない!カルシウムの大切さ》
2018/10/20 13:50
みなさんこんにちは。
芳川店の町野です。

今までカルシウムのお話をさせていただきましたが大切さを感じていただけたでしょうか。

カルシウムの吸収率は食品によって様々です。
乳・乳製品、豆・大豆製品、小魚・海藻、野菜(緑黄色野菜)などに豊富で吸収率の異なる食品を組み合わせるとより豊かな食生活につながります。

カルシウムは一度にたくさんとっても吸収される量が決まっているため、毎日こまめに摂ることもおススメです。

サプリメントや健康食品などを上手に使うと手軽にカルシウムを摂ることができます。

ただし、摂りすぎにはお気をつけてください。
食事のみでしたら過剰になることはほとんどないので、積極的に摂ることをお勧めします。

食事、健康食品で分からないことやお悩みがあれば、店舗にいる管理栄養士まで是非ご相談ください。

1週間読んでいただきありがとうございました!

《骨の健康だけじゃない!カルシウムの大切さ》
2018/10/19 13:50
こんにちは。
芳川店の町野です。

今日は、カルシウムのオススメの摂り方をご紹介いたします。

牛乳を毎日飲んでいるから大丈夫、そう思われている方も多いかと思います。

確かに牛乳はカルシウムを効率よく摂るには適していますが、牛乳だけでは不足してしまいます。

あるいは、牛乳を飲みすぎると脂質の摂りすぎになり、生活習慣病につながる恐れもあります。

また、カルシウムだけ摂っていれば良いというだけではなく、
マグネシウムというミネラルがないと、体内でカルシウムが過剰とみなされ吸収されず排出されてしまいます。

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDを一緒に摂ることも大切です。

オススメは、ひじきやワカメのように脂質が少なく、ミネラルの豊富な食品を多く摂ることで
バランスが整い、よりカルシウムの吸収を助けてくれます。

《骨の健康だけじゃない!カルシウムの大切さ》
2018/10/18 13:49
みなさんこんにちは。
芳川店の町野です。

頻繁に「こむら返り=足がつる」というお悩みの方はいらっしゃいませんか?

カルシウムは「足のつり」とも関係があります。

体内のカルシウム量が低下すると、骨からカルシウムが流出します。
これにより、流出したカルシウムは細胞の中にどんどん入り込んでしまいます。

細胞の中で、濃度の調節がうまく出来なくなると、筋肉の伸縮をうまく制御できずに痙攣してしまうということがあります。
足がつる原因は様々ですが、頻繁に足がつる方はカルシウムを摂るのもひとつの方法かもしれません。

バランスの良い食事で防げることもあるので、食生活に自身のない方はまず食事内容を見直してみてはいかがでしょうか。

[↓次へ↓]
▲TOPへ

Copyright Kyorindo co.,ltd